トップに戻る > ユニリーバ、岸紅子さんと石鍋シェフが泡洗顔でソフトに美肌PR »

ファンケルが20〜60歳代の男女を対象とした理想肌の調査結果を発表へ

2007年03月20日






ファンケルが、生活者が美白(ホワイトニング)や美肌に関してどのような意識を持ち、対策を行っているかを明らかにするために、全国の20歳代〜60歳代の男女を対象にアンケート調査を行ったそうです。


そして女性の理想肌は、白さだけでなく、完璧な美肌であることなどが明らかになりました。女性の約半数が「シミ・ソバカス」に悩んでいることがわかりました。美白については、女性たちは、「美白だけでなく、トータルに美肌を目指したい」という考えを持っていることが多いことがわかりました。

美白需要は通年化が進み、市場規模で見るとスキンケア市場全体の23.1%(2303億円)の構成比で、2006年、2007年も堅調な推移が見込まれています。

 「美白効果のある成分」の認知状況では、男女ともに「ビタミンC」の認知が最も高く、とくに女性においては、全体の8割以上が認知している事があきらかになりました。

ファンケル、“女性の理想肌は白さだけでなく完璧な美肌”など20〜60歳代の男女を対象とした調査結果を発表


関連サイト

美顔器 口コミ 比較 ランキング! PureBigan
http://puredept.com/purebigan/



スポンサードリンク




Copyright (C) 2006 美容口コミランキング All Rights Reserved.