2009年03月06日

3000円ランチ、美容&スパが不況でも人気

「GDP年率12・7%減」「東証、バブル後最安値」――。深刻な経済情勢を物語るニュースが飛び交う中、売り上げを伸ばしている商品やサービスがある。キーワードは“プチぜいたく”。背景には「不景気の間は家計に響かない程度のぜいたくをし、幸福感を味わいたい」という消費者の心理があるようだ。(荒谷康平)

不況でもプチぜいたく 美容&スパ、3000円ランチ 人気という記事によると、不況の中でも、逆に「幸福感を味わいたい」というニーズが高まっているようです。

国内最大級のショッピングセンター「イオンレイクタウン」の一角にある「ユニックス サロン&スパ イオンレイクタウン店」では、カット、カラー、パーマに加えてスパも受けられて、8000〜9000円というサービスを提供しています。エステ店より手ごろな値段、かつリラクゼーションを楽しめるというのが人気の秘密のようです。

このサービスいいですね!ぜひ行ってみたいです。

この様に、「プチぜいたく」というニーズを満たしてくれるサービスは、不況でも伸びているという、おもしろい事例ですね!

2009年03月22日

美容・健康食品市場は新ヒット商品が注目!

民間調査会社の富士経済(東京都中央区)は6日、特定保健用食品など健康美容食品の市場動向調査を発表した。それによると2008年は前年比0.6%減の1兆8260億円となり、2年ぶりに減少に転じた。

健康美容食品市場2年ぶり減少 新ヒット商品が反転のカギという記事によると、乳酸菌類、カルシウム、ビタミン、コラーゲンといった成分が伸びているそうです。

アンチエイジング市場も、1.2%の増加だそうです。

特定保健用食品のお茶分野での新商品が注目で、血糖値を抑えるという「蕃爽麗茶」など新しいアイテムが続々と登場しています。

今後は人気となる新成分が出てくれば、まだ伸びそうですね。


Copyright (C) 2006 きれい百貨.com All Rights Reserved.

カテゴリー