適応検査とレーシック手術の流れ


レーシック手術の流れですが、まずは事前に適応検査を受けます。そして、角膜の厚さや、視力検査などを行います。時間は2時間30分〜3時間程度です。そしてどの手術が受けられるかを決定します。

気になる点は、この時にしっかり質問してください。

そして、いよいよレーシック手術の当日です。レーシックは入院の必要はなく、日帰りになります。

手術の一般的な流れですが、まず始めに点眼麻酔をします。これにより、痛みを感じずに手術を受けることができます。

次にフラップというフタを作成します。そして片目ずつレーザーをあて、フラップを戻して洗浄します。これまでの所要時間は15〜20分です。

手術後は検診を行い、麻酔が切れても痛くない目薬などをもらって、次回の検診の予約を行い、その後は帰宅できます。





神戸クリニックで受けた芸能人の体験談

コメントを投稿

コメントをお願いします。


免責事項についてサイトマップお問い合わせ


Copyright (C) 2008 神戸クリニック レーシック All Rights Reserved.

お気に入りに登録