錦糸眼科のスポーツ選手の治療例に関する記事


アサヒ緑健よみうりメモリアルで見事初優勝を飾った市原建彦プロ。彼は近視(右目0.1左目0.1)に苦しんでいたとの事。

そこで錦糸眼科での視力矯正手術に踏み切った結果、両目の視力が1.5まで回復しました。そしてアサヒ緑建よみうりメモリアルで見事初優勝に貢献したそうです。

アメリカメジャーリーグをへて、東京ヤクルトスワローズで活躍する高津臣吾投手も錦糸眼科で治療を受けた一人です。サイドスローから繰り出される絶妙なコントロールには「裸眼でキャッチャーミットがはっきり見える」ことが大きく影響しているとの事。

その他にも、F1レーサーやプロスポーツ選手らも体験していて、スポーツの世界でもレーシックは浸透しています。

錦糸眼科では開院後14年間で、31000例以上の治療が行われ、92.5%の方が視力が1.0以上になったといわれています。治療は精密で安全なイントラレーザーによる治療で、最先端の機器を使って、近視治療実績のある医師たちが手術を担当。

まず詳しい検査・カウンセリング・診察を受けてから、そこで納得した上で治療を行う流れになっています。


品川近視クリニックで実際に受けた方の体験談



品川近視クリニック、芸能人の体験談




>> トップに戻る



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 品川近視クリニック レーシック 口コミ 体験談 LasikWalker All Rights Reserved.

品川クリニック各医院


有楽町 銀座
大阪
名古屋
北海道 札幌
福岡