レーシックの種類について


レーシックとは?

レーシックとは、近視などの屈折異常によって、悪くなった視力を回復させる手術です。点眼麻酔をするので、痛みはありません。手術の時間は20分程度で、入院の必要はなく、仕事をしながらでも、わずか数日で視力が回復できます。

レーザー機器を使用したイントラレーシック、激しい運動をする方に合ったエピレーシックなどが有名です。



イントラレーシック

イントラレーシックとは、イントラレース社のイントラレース・FSレーザーなどのコンピュータ制御によってフラップを作成する視力回復治療のことです。

品川近視クリニックでは、ほとんどの方がイントラレーシックを受けられているそうです。

コンピュータ制御でフラップを作成するので、正確できれいな仕上がりになります。またイントラレーシックは角膜が厚くない(薄い)方でも実施できるのがうれしいポイントですね。

レーシックとイントラレーシックの違いは、レーシックではフラップの作り方がマイクロケラトームというカンナのような役割の電動メスを使用するのに対し、イントラレーシックでは、イントラレーザーという最新の医療機器を使って、作るのかの違いになります。

マイクロケラトームを使用した手術では、医師の技量不足によっては合併症が生じることがあります。これに対し、イントラレーザーを使用した手術の場合は、均一な厚みのフラップが作成できたり、綺麗にフラップを作る事ができます。



アイレーシック

NASAが宇宙飛行士の視力回復手術として承認していると言われているレーシック手術です。

イントラレースレーザーとウェーブスキャン&エキシマレーザーを組み合わせた施術で、これにより、より1人1人に合わせたカスタムメイドな手術が可能になります。



エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームと呼ばれる器機を使ってフラップを作成します。そしてエキシマレーザーを照射して視力を回復させる視力矯正施術のことです。

術後には痛みがありますが、視力の回復や安定が早いレーシックの治療法です。

角膜の薄い方や、格闘技など激しいスポーツをされている方に適していて、芸能人では格闘家の角田 信朗さんなど多くの方が受けています。


その他にも、ラゼックや、フェイキックIOL、イントラ角膜リング、クロスリンキングなどのレーシックの種類があります。


品川近視クリニックで実際に受けた方の体験談



品川近視クリニック、芸能人の体験談




>> トップに戻る



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 品川近視クリニック レーシック 口コミ 体験談 LasikWalker All Rights Reserved.

品川クリニック各医院


有楽町 銀座
大阪
名古屋
北海道 札幌
福岡