レーシック前の適応検査とは?


手術を受ける前に、必ず受ける必要があるのが適応検査です。

かかる時間の目安についてですが、クリニックや曜日にもよりますが、2時間30分〜3時間などまちまちです。比較的、土日は人が多い傾向があるようです。

すぐに結果が出るため、翌日以降から手術が可能になります。

検査では、角膜の形や厚みを調べます。これを眼圧検査といいます。

そして視力検査をして近視の度合をみます。現在の体調など、安全に手術が行える状態かをチェックします。

適応検査の項目について

・視力検査
・角膜形状解析
・角膜の厚さを測定(眼圧検査)
・角膜内皮細胞検査
・角膜曲率半径測定
・コントラストグレアテスト
・角膜厚測定
・検査後の診察


これらの検査をして手術が受けられるかどうかなどを確かめます。 そして、どれぐらいまで視力が上がるかといった事を見てもらいます。

事前にこうした流れを把握して、クリニックでしっかり話を聞いてから手術を受けるようにしてください。

以前は角膜が薄い方は受けられない事がありました。最近では技術や機器の進化によって受けられる事もあります。

クリニックの雰囲気も見ることができる適応検査。この機会に気になる疑問点がありましたら、スタッフの方に質問してみてください。


手術前は1〜2週間はコンタクトをはずそう

レーシック手術を受ける事が決まったら、1〜2週間前からコンタクトレンズの装用を止めましょう。

というのも、角膜にコンタクトレンズの跡が付いてしまっているので、元に戻さなければいけません。しばらくは、メガネをかけるなどして目を休めておきましょう。


品川近視クリニックで実際に受けた方の体験談



品川近視クリニック、芸能人の体験談




>> トップに戻る



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 品川近視クリニック レーシック 口コミ 体験談 LasikWalker All Rights Reserved.

品川クリニック各医院


有楽町 銀座
大阪
名古屋
北海道 札幌
福岡