品川近視クリニックの老眼治療、アキュフォーカスとは?



アキュフォーカスはアメリカでも話題の老眼治療です。2009年頃からよく見かけるようになりました。

従来の老眼治療CKよりも安全で患者さんへの負担も少なく、効果が期待できると言われている治療法です。

片眼にドーナツ状の黒いリンクを埋め込んで水晶体を厚くして、光を屈折させてピントを合わせる治療法です。

そもそも老眼についてですが、目の水晶体が固くなったり弾力がなくなる事で、うまく調節できなくなって近くが見にくくなるという症状です。

40歳ぐらいになると症状を感じる方が多いとのこと。

そうなると通常は老眼鏡を使用される事が多いかと思いますが、アキュフォーカスではそういった煩わしさから開放されるので注目されています。


手術について

治療にかかる時間は10〜15分ほどです。そのため、品川クリニックでは日帰りが可能です。

対象となる方は40〜65歳の方で、遠くは見えるけれど近くが見えなくて困っているという方になります。

ただしいくつか注意点があって、

適応検査を受けて施術が可能と診断された方、そして白内障・緑内障などの疾患をお持ちでない方になります。

ちなみに、白内障であっても施術後に6ヶ月以上を経過されている方は受けることが可能です。

それから過去にレーシック手術を受けた事がないという方になります。ここは1つのポイントかもしれません。


アキュフォーカス+レーシックの施術の流れについて

施術の流れについてですが、まずは適応検査のデータをもとにして診察を行います。そして点眼麻酔を行います。

次にレーシックにも使われているレーザー機器である、フェムトセカンドレーザーを活用して、フラップを作成します。

それからカメラインレーを挿入して、最後に消毒や点眼をして終了になります。

その際にレーシック治療が必要だという方は、エキシマレーザーが照射されるそうです。

気になるカメラインレーとは、直径3.8ミリの真ん中に穴が開いている黒いリングになります。

もう取り出せないの?と気になる方もいらっしゃると思いますが、こちらは手術後に取り出すことが可能です。

アキュフォーカスの効果についてですが、それについては個人差があるんだそうです。

手術の保障期間は3年で、術後の定期検診は翌日と1週間後、そして1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年後になります。

なんでも1週間から3ヶ月程度で違和感がなくなってくるみたいです。


再手術も可能

また、合わないという方は再手術で取ることができるそうです。実際に手術後にリングを取った方もいらっしゃるとのこと。

アメリカでも話題の手術で、今後も利用者が増えていくと思います。気になる方はぜひ一度、品川近視クリニックの詳細ページをチェックしてみてください。


品川近視クリニックで実際に受けた方の体験談



品川近視クリニック、芸能人の体験談




>> トップに戻る



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 品川近視クリニック レーシック 口コミ 体験談 LasikWalker All Rights Reserved.

品川クリニック各医院


有楽町 銀座
大阪
名古屋
北海道 札幌
福岡