カメラレーシック(老眼治療)とは?


品川近視クリニックのカメラレーシックとは、老眼治療のことです。

フェムトセカンドレーザーを使用して、フラップを作成し、「カメラインレー」を挿入するという施術です。

一般的に、視力は老化により、近くの物が見えにくくなります。

それを改善するのが、カメラレーシックで、遠くの見え方もあまり下げないで、近くの物が見えるようになるという、注目の老眼治療になります。

対象となる方は、40〜65歳の方で、緑内障または白内障などの目の疾患がない方になります。

以前までは、40歳以上の方のレーシックでは、術後に老眼鏡が必要になる方がいたんだそうですが、今回の施術では、それが改善されています。

ちなみに、カメラインレーはコンタクトレンズよりも小さいリング状の器具です。後から取り出せます。

施術の流れですが、点眼麻酔をし、フラップを作成、レーシック治療が必要な場合は、エキシマレーザーを照射。

そして、フラップの下に、カメラインレーを設置して完了です。

時間は15分ほどの施術ですので、興味があるという方は、この機会にぜひ一度検討してみてください。


品川近視クリニックで実際に受けた方の体験談



品川近視クリニック、芸能人の体験談




>> トップに戻る



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 品川近視クリニック レーシック 口コミ 体験談 LasikWalker All Rights Reserved.

品川クリニック各医院


有楽町 銀座
大阪
名古屋
北海道 札幌
福岡