トップに戻る > 資生堂、「化粧惑星」スキンケアアイテムなど19品種を発売 »

ファンケル、20〜60歳代の男女を対象とした理想肌の調査結果を発表・美顔器


ファンケルが、生活者が美白(ホワイトニング)や美肌に関してどのような意識を持ち、対策を行っているかを明らかにするために、全国の20歳代〜60歳代の男女を対象にアンケート調査を行いました。

その結果、女性の理想肌は、白さだけでなく、完璧な美肌であることなどが明らかとなりました。

美白需要は通年化が進み、市場規模で見るとスキンケア市場全体の23.1%(2303億円)の構成比となっており、2006年、2007年も堅調な推移が見込まれている。アイテム別では美容液がトップで36.9%(850億円)を占め、2006年には37.5%の860億円に達する見込みだそうです。

調査結果から、女性の約半数が「シミ・ソバカス」に悩んでいることがわかりました。美白については、女性たちは、「美白だけでなく、トータルに美肌を目指したい」という考えを持っていることが多いことがわかりました。

 「美白効果のある成分」の認知状況では、男女ともに「ビタミンC」の認知が最も高く、とくに女性においては、全体の8割以上が認知。「ビタミンC誘導体」に関しても、女性全体の3割以上が認知していることが明らかになりました。


ファンケル、“女性の理想肌は白さだけでなく完璧な美肌”など20〜60歳代の男女を対象とした調査結果を発表




スポンサードリンク







サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 PureBigan 美顔器口コミ比較 All Rights Reserved.

お気に入りに登録