トップに戻る > 超音波美顔器の専用ジェルとは? »

有効成分のビタミンC誘導体とは?


有効成分のビタミンC誘導体とは?


ビタミンCは、お肌に最も安全で、美肌に有効な成分と言われていて、お肌の透明感をアップする効果などが期待できます。

ビタミンCは、空気に触れると酸化してしまうので、肌につけるだけでは浸透してくれません。そのため、肌に浸透しやすいようにしたのが水溶性のビタミンC誘導体(美容液)です。

こちらは、コラーゲンの合成を高めてくれるので、お肌のハリや弾力がアップして、モチっとしたお肌が期待できます。

また、美白作用と抗酸化作用があるので、お肌の老化を遅らせるエイジングケア対策にもなります。

さらに、皮脂の分泌を押させてくれるので、毛穴ケアやニキビ対策としても注目されています。

美容メーカーの通販サイトで美容液が発売されていたり、化粧品専門店、ドラッグストアなどでも購入できるので、実際に手にとってみてください。

ビタミンC誘導体が配合された美容液は、イオン導入美顔器を使用する際に、よく活用されているようです。

こちらをお肌に塗り、イオン導入のスイッチを入れて使用することで、有効成分をお肌の奥の真皮にまで届けてくれます。これにより、お肌のハリ・弾力の元になる、コラーゲンなどの生成を促進してくれます。

肌のしくみ

イオン導入器などの美容器具を使う事で、単純に肌に塗るよりも、約100倍以上の浸透力があるといわれているんですね。

期待できる効果はエイジングケア、たるみ解消、メラニンの生成や色素沈着を抑える美白効果や、さらに、皮脂分泌を抑制してくれるので、ニキビ予防としても期待できます。

この様に、ビタミンC誘導体・美容液は、お肌の悩みを総合的にサポートしてくれる必須アイテムになります。


コラーゲンの生成を促進し、エイジングケア支援


イオン導入美顔器を活用し、ビタミンC誘導体・美容液を、肌の奥深くまで浸透させることが重要です。

これにより、コラーゲンを増やしてくれる効果が期待できるので、お肌のハリをよみがえらせるエイジングケアが期待できます。


たるみ解消


お肌のたるみなどは、肌の弾力が弱まる事が影響しています。この弾力はお肌の奥の真皮層にある、コラーゲンが関係しています。

加齢とともに、コラーゲンは変性(減少)していくので、これを補ってくれるのが、ビタミンC誘導体です。

しかも、お肌の奥の真皮層にまで届けないといけないため、イオン導入を活用して、真皮にまで送り込む必要があります。


美白美容液にも配合されています


紫外線によるお肌のシミ対策として、美白美容液が人気です。加齢による代謝の遅れにより、メラニンが角質にとどまってしまい、これがシミの原因になっていきます。

美白美容液は、メラニンの生成を抑制してくれたり、肌にとどまるメラニンを排出してくれます。また、お顔のくすみ対策などにもおすすめです。

ビタミンC誘導体は、多くの美白美容液に配合されていて、厚生労働省にも美白効果を認められています。


ビタミンC誘導体の種類


代表的なアイテムでは、リン酸を融合した「リン酸型ビタミンC」「リン酸パルミチン酸型ビタミンC」があります。

また、「水溶性」と「油溶性」などの種類があります。

例えば、人気アイテムの1つである「ラメンテ」のCシリーズでは、リン酸型ビタミンC誘導体が使用されています。

この様に、お肌に必要なコラーゲンなどの生成を促進してくれたり、美白効果が期待できる、スキンケア&エイジングケアに有効な成分なんです。




スポンサードリンク







サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 PureBigan 美顔器口コミ比較 All Rights Reserved.

お気に入りに登録