トップに戻る > モデルSHIHOさんの美肌の秘訣!ナイトスチーマー ナノケア体験談 »

美容家も愛用!HAKUシートマスクでシミ対策する方法


美容雑誌「ビーズアップ」に、「うっかり日焼けと戦うガード&リカバリー術」として美容家の小林ひろ美さんが、愛用している「資生堂HAKUのメラノフォーカスEXマスク」をお薦めアイテムとして紹介されていました。

こちらは、紫外線などによるシミの原因となるメラニンの生成を抑制・排出し集中ケアしてくれる薬用美白マスクです。

自宅で美顔器を使った後などに活用されると、より高い効果が期待できそうです。

シートマスクの成分には、薬用有効成分の「トラネキサム酸」や保湿成分の「ヒアルロン酸」。

「グリセリン」や「バラエキス」などが配合されているとのこと。

マスクに配合されている有効成分が、メラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます!

さらに、さらに、メラニン色素がお肌から排出できるようにサポートし、お肌の中にメラニンを溜めないように働きかけるんだそうです。なんだか良さそう。

シートパックは、週に1回のケアが目安なんですが、日焼けが気になる時は毎日使っても大丈夫みたいです。

気になる使い方は、洗顔後→化粧水の後に使用します。アイテムは顔の上半分用と下半分用の2つに分かれています。


セパレートタイプのマスクなので1枚タイプのマスクに比べると、お顔にぴったりとフィットしてくれるので顔全体にしっかりと美容液が届きます!

約10分間シートパックをしてから、マスクをはがします。パック後のお肌に残った美容液はお顔になじませて下さい。

小林さんは、「焼けたかな・・・、と感じた日の夜から、美白シートマスクを毎晩使用。シミの原因となるメラニンは、作られる前にその芽を摘むべき。」と体験談を語っていました。

今年の夏は特に暑くて日差しもキツイので、毎日の日焼け防止も大変ですよね・・。

もちろん日焼け止めをしっかり塗ったり、日傘・帽子・手袋など気を使われている方もたくさんいらっしゃると思います。外出するとバッチリ日焼け対策をしている女性の方をよく見かけます。

毎日しっかり日焼け対策をしていても、うっかり日焼けしてしまう事ってありますよね。
そんな日の晩は、スキンケアの時にプラスするお手入れがおススメ。

小林さんもおっしゃっている様に、シミが出来てから悩むより日焼けをしたと感じた時に、すばやくシミ対策をするのが一番だと思います。

メラニンは、作られる前にその芽を摘む!これに限ります。紫外線などのダメージを感じたときは、すぐにケアするとそれだけ効果的。

日焼けした時に、ケアするのも1つのですが、出来れば週に1回でも定期的にプラスのケアを通常のスキンケアに足してもらうのが美顔をキープするのにもおススメです。



スポンサードリンク







サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 PureBigan 美顔器口コミ比較 All Rights Reserved.

お気に入りに登録