雑誌VERYに掲載!スチーム美顔器ナノケアの体験談


雑誌VERYの美容家電ランキングという特集で、パナソニックのナノケアが1位にランクインしていました!

ナノケアは、プラチナ微粒子を含んだスチームがお肌と髪に潤いを与えてくれる美顔器。

専属モデルの滝沢さんは「肌にハリが出て小じわが改善しました」と喜びの体験談を語っています。

なんでも、肌の乾燥が気になり2年前から使用しているんだそうです。

>> 記事の詳細へ

おもいッきりDON!で紹介、シミ対策には「枝豆の味噌汁」が良い?


日テレのお昼の情報番組、おもいッきりDON!の中の、夏バテ解消テクニックというコーナーで、山形発!の「枝豆の味噌汁」が美肌効果が期待できると紹介されていました。

なんでも、Lシステインを摂取することで、シミ予防、美白効果が期待できるんだそうです。

シミ対策では、イオン導入美顔器がよく雑誌などで掲載されています。例えば、ツインエレナイザーや、エステナードソニックなどで、ビタミンC誘導体などをお肌の奥に届ける方法があります。

ですが、こういった食べ物を取り入れるのも良さそうですね。

モデルの西山茉希さんも美味しそうに飲んでいらっしゃいました。

ちょうど、その日は、キレイな小麦色に焼けていましたね(笑)

ちなみに、山形では、夏バテや、美白にも良いそうで、ご飯の時だけではなく、普通の時間帯にも飲んでいるみたいです。

「秘密のケンミンSHOW」でも取り上げられるほどです。

>> 記事の詳細へ

夏場の乾燥肌対策、スチーム美顔器と保湿化粧水で乗り切ろう!


夏場でも乾燥肌の方はたくさんいらっしゃいます。

冬場の暖房は、お肌には乾燥の原因ですが、意外と夏場のエアコンも乾燥の原因の一つなんです。

夏の強い日差しによる日焼けでのお肌の乾燥に加え、エアコンによる乾燥も加わるので夏場のお肌は弱っているんです。

そこで、対策として、スチーム美顔器と保湿化粧水を活用するのがおすすめです。


1. ビタミンC誘導体配合の保湿化粧水を使用する

ビタミンC誘導体などが配合されている化粧水を使用して、年と共に衰えがちなお肌の本来の力に働きかける保湿ローションを活用しましょう。これにより、エイジングケア効果も期待できます。

>> 記事の詳細へ

モデル高垣麗子さんの太らない食べ方とは?


テレビ番組「メレンゲの気持ち」で人気モデルの高垣麗子さんが、太らない食べ方について紹介されていました。

高垣さんは、とにかく食べるのが大好きで、よく食べるそうなんですが、その後は運動するのがポイントのようです。

中でも、お肉が好きなようで、太らないお肉の食べ方を紹介されていました。

まずサラダを食べて、スープを飲み、それからお肉を食べるのが太らないポイントなんだそうです。

ちなみに、グッチさんは、食べた時に、お腹をたたくのが太らないポイントなんだとか(笑)

朝ごはんも紹介されていて、グレープフルーツや、バナナ、ヨーグルト、そしてパンを食べるそうです。

こちらも食べる順番があって、まずグレープフルーツ、バナナ、ヨーグルトを食べてからパンを食べるというのが、太りにくいんだそうです。

この機会にぜひ、この食べ方を取り入れてみてください!

ちなみに、こちらの放送では、美顔ローラーも紹介されていました。リンパマッサージやむくみ解消にもよいそうです。

上田実絵子さんの「神の手」リンパマッサージとは?


雑誌「美STORY(ストーリィ)」の中で、上田実絵子さんの、1日3分で小顔になるための「神の手マッサージ」が紹介されていました。

こちらによると、お肌は年齢が上がるにつれて筋力が低下して、リンパの流れが滞るとの事。

そのため、フェイスマッサージにより、固まった老廃物を流しだす事で、お顔を引き締めたり、小顔効果が期待できるんだそうです。

少しの時間でもいいので、継続する事で、お顔のたるみなどが改善されて、健康的な顔色が期待できます。

ちなみに、ヤーマンのピュアゲルマローラーなどのローラー美顔器でも、こういったマッサージが行えます。

気になる方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

たるみ対策になるヤーマン「プラチナゲルマローラー」体験談


お肌のたるみ対策、小顔、リストアップが期待できるとして人気のフェイスローラー。

その中でも、ヤーマンの「プラチナゲルマローラー」は多数の雑誌で売上好調が伝えられています。

こちらのアイテムは、ゲルマニウムを配合したローラーで、例えば二重あごが気になる方には、首からあごにかけて、コロコロと転がすだけ。

コツコツと継続する事で、リフトアップが期待できます。

ベルメゾンに掲載されている、実際に使っている方の体験談では、「あまり強く押し付けるのは良くない。程よい加減で行うと、肌があたたまり、血行が良くなった気がします」との事。

また、テレビを見ながら伝えるのもポイントが高いですね。

まだ、使った事がないという方も、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

現役の美容部員さんが語る、化粧水の使い方ポイント


先日、現役の美容部員さんに、美顔スキンケアのポイントについてインタビューをしてきました。

その中で、化粧水時のポイントで、参考になる点がありましたので、ご紹介させていただきます。

まず、お肌は水分量と油分のバランスが大切とのこと。

乾燥肌で、水分量が少ない方は、化粧水を使う時に、手ではなくコットンを使用してみてください。

なぜかと言いますと、手の皮膚が吸収してしまうんだそうです。なんでも皮膚を広げると新聞紙1枚くらいの大きさになるんだとか。

なので、コットンにしみこませてから使用する事で顔に水分を与える事ができるので、乾燥が改善される方が多いそうです。

普段の美顔ケアで、乾燥ぎみという方は、ぜひ一度コットンを使用してみてください。

シワにはインスタントラインスムーサーが便利?


しわやほうれいせん、眉間のシワ対策にもなるとして、テレビ通販などで流れていたのが、「ジーニーインスタントラインスムーサー」。

テレビでは、一般の方が体験されていて、お肌の水分量が上がって、とっても驚いていました。

使い方は簡単で、塗ってから、3分待って たたいてなじませるだけです。

>> 記事の詳細へ

ニキビ跡を治すおすすめの方法は?


ストレスなどの影響で、ニキビはできやすいのですが、できてしまったニキビ跡が気になる方も多いと思います。

その際に、方法としては、化粧品を活用する、またはピーリングなどを行う、または、皮膚科に相談するなどの方法があります。

この中で、比較的、自分でケアし続けたいと考える方も多いと思いますので、今回は化粧品を活用した方法を考えて見ましょう。

私の周りでも使っていて、ニキビ跡が改善されたという声を耳にするのが「バイオイル」です。

こちらをがんばって活用していると、いつの間にかニキビ跡がよくなったと好評です。

「プロアクティブ」もCMで有名ですが、「バイオイル」もおすすめ。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

小鼻の毛穴の黒ずみを解消する方法は?


鏡を見た時に気になるのは、小鼻の毛穴の黒ずみではないでしょうか。

皮脂が酸化して、固まってしまっていますので、これがなかなかとれません。

自分であまり強く洗うと、色素沈着という症状が出てしまいますので、汚れを溶かしたり、浮かせて落とせるスキンケア・アイテムを活用してみてください。

ちなみに、美容機器では、クレンジングができる美顔器がありますので、こういったアイテムもおすすめです。

コラーゲンドリンクは効果があるの?


お肌のハリや弾力には、コラーゲンが関係していて、年齢が上がるにつれ、減少します。それが、たるみなどにつながると言われています。

だからといって、コラーゲンドリンクなどが人気ですが、口からコラーゲンを取っても効果があるの?と気になることがあると思います。

実は、コラーゲンを口から取ると、体内でアミノ酸に分解されます。そして、一部が繊維芽細胞で、コラーゲンを合成します。

つまり、直接コラーゲンがお肌に吸収されるのではなく、コラーゲンを生み出す繊維芽細胞の力を補ってくれます。

なので、定期的に摂取するのが良いそうです。

お顔のたるみや、輪郭のゆるみなどが気になる方には、この機会にドリンクもチェックしてみてください。

美顔器は欠かせない!アンチエイジングビューティーの美しくいられる秘密より


どんなに年齢を重ねてもいつまでも若々しくいたい、生き生きとしていたい。こんな願いをかなえている30代、40代の3人のアンチエイジングビューティー代表にその秘訣を聞きました。


アンチエイジングビューティーに聞く――若く美しくいられる3つの秘密 より

30代、40代の3人のアンチエイジングビューティー代表が、若く美しくいられる3つの秘密を掲載しています。

ウォーキングのインストラクターである長坂靖子さんのアンチエイジングの秘訣は、細かな時間も無駄にしないことなんだとか。

疲れが顔や肌に出てきたときのために、サプリメント「すっぽん美人」を飲んでいるそうです。

さらに、通販で買った家庭用の美顔器であるイオン導入器でお肌をケアしているそうです。

またリクルートスタッフィング部長の佐藤優美子さんは、今日は疲れている!と感じた時は、スチーム美顔器である「ナノケア」が効果的なんだとか。さらにシートマスクをすれば肌が生き返る!とコメントされています。

「いろいろな器具を購入したが、これは大正解!」との事。やっぱりナノケア強しという感じですね〜!

冬の乾燥肌には洗顔料と保湿が重要


冬になり、真っ先に心がけるのは、洗顔料の見直しですね。

保湿すべきなのに洗顔?けれど、肌を清潔にするために欠かせない洗顔は、ともすると汚れと共に、肌にとって必要な潤いまで取り去りがち、というのも事実です。

洗顔レベルから保湿を心がけることで、肌は“乾燥しにくい状態”に整い、そのあとのお手入れも効果的にできます。

カサついて肌が過敏になっている……というときには、刺激の少ない“おかゆ系”のアイテムに切り替えるのも得策との事。

通常、化粧品は、アンチエイジング効果など機能性に優れていればいるほど、肌にとってはやや刺激のある使用感になってしまいがち。しみる、ヒリつく、ムズムズする、という過敏のサインを感じたら、敏感肌用のアイテムを使ってみるといいようです。美顔器と同じく、継続する事で効果がありそうです。


冬の乾燥肌“SOSケア”



サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 PureBigan 美顔器口コミ比較 All Rights Reserved.

お気に入りに登録