トップに戻る > クレジットカードの仕組みとは? »

失敗しないクレジットカード選びのポイントとは?


クレジットカード選びのポイントは「ポイントの充実」「盗難・紛失時の対応がしっかりしてる」

JCBの調査によると、クレジットカードの保有率は82.7%で保有枚数では、2枚保有が一番多いとの事。

クレジットカード選びで重視する事は、下記が上位に入りました。



「入会金・年会費が安い」

「ポイントが充実している」

「盗難・紛失時の対応がしっかりしている事」

「信頼性」

「よく利用する店での割引サービスがある」


欲しいものを逃さず買える。買い物をスマートに行えて便利という認識が強い。またICカード普及を反映し「不安なし」がやや増えています。クレジットカードの保有が安心感につながっているという声も。

クレジットカードの入会の動機は、下記が上位に入っています。



「現金を持たなくても買い物ができる」

「各種の優待・割引サービスが受けられる」

「海外での決済に便利」

「分割払いで買い物ができる」


(JCBによる3,000名のクレジットカードに関する総合調査[記事]より)



重視する項目で2位の、「ポイントが充実」しているカードとは?

「ポイント」は、支払った金額に対して付与される還元サービスです。クレジットカードの使い方次第では、ショッピング、飲食代、携帯代、ガソリン代などが割引で購入できます。

ツタヤなどで映画をレンタルする場合に、「ポイントを使うと、無料になりますが、使われますか?」と言われて、無料で映画が見れて得した気分になった経験はありませんか?この様に割引や、後でもらえるギフトカードがうれしいんですよね。

各クレジットカード会社も季節ごとにキャンペーンを実施しているので、ポイントが2倍や3倍になることもあるのでチェックしてみてください。

あと特に注目したいのは「ポイント還元率」です。これは1ポイント1円換算か、または1ポイント0.5円換算かなどで、各社違います。

1ポイントで0.5円還元の場合、10,000ポイントで5,000円のギフトカードがもらえます。一般的なカードの還元率は、だいたい0.5%で、1%だと、高い還元率といえます。

例えば、お得なカードと言われている、楽天カード1%の還元率。VIASOは楽Pay登録で1%になります。P-one cardは請求時に1%割引で、さらにポイント0.3%ほどがついて、還元率はおよそ1.3%です。

この様に、よく利用する店での割引サービスがあるかを考えて、ポイントを比較検討する事でお得に買い物が楽しめます。



クレジットカードの仕組みを理解しよう

クレジットカードは、商品などを購入する場合に、カードの加盟店でクレジットカードを提示すると、クレジットカード会社が加盟店へ支払いを肩代わりし、後でこちらに請求してくれます。さらに、高額だけど、どうしても欲しい!という商品を購入したい場合は、一括はきついけど、分割して支払う!ということができます。

またポイントが貯まっていくので、後でギフト券がもらえたり、マイルがたまって、割引で旅行に行けたり、その場で割引なんて事もあります。保険が適応されるので、壊れた場合も新しい商品と交換できるのもうれしいですね。

その場で商品がもらえたり、欲しいものを逃さない。壊れても交換できるという安心感が得られます。あと買い物がスマートになります。逆に、買いすぎないように注意も必要になりますね。

毎月の支払いである家賃、生命保険、損害保険をクレジットカードで引き落とすこともできます。この場合は家主さんとクレジット会社が契約すれば可能になります。生命保険、損害保険は会社の団体扱いの保険でない場合は利用できる場合が多いです。

カードに加盟している販売店などのお店のメリットですが、カード払ができることでは売上の促進につながります。手持ちの現金がない・・という場合にはカードで支払ってもらう事で売上につながります。

さらに分割で支払えるとなると、購入のハードルが下がるという事になります。これは大きなメリットです。そのため、売上額の4%程度を手数料としてカード会社に支払っています。

カード会社は加盟店からもらう手数料が収入源です。さらにカード利用者が分割払い、またはリボ払いにした時にもらえる利息が収入になります。

この様に、みんなが損をしないように考えられているのがクレジットカードの仕組みになっていて、クレジットカードの保有率が82.7%という、これだけ高い普及につながっています。



カード選びに注意するポイントやよくある質問は?

大きな買い物をするので、カードを作りたいという場合ですが、初回発行時、一般的には限度額は10〜30万程度という場合がありますので、これらを確認してください。

次にカードの審査ですが、「年収の最低基準にみたない方」「数枚のカードを持っている方」「ローン残高が多い方」「以前にクレジットカードの支払いで滞納した方」は通りにくいようです。

気になる解約の方法ですが、クレジットカードでは、裏面に連絡先が表示されています。そちらに電話をすると、解約の必用書類が送付されてきますので手続をすれば解約できます。

どれくらいで発行されるかは、様々です。即日発効できる場合や、指定の支店での受け取る翌日発行など。2週間程度かかるカードもあります。

多すぎて選べない!という方も多いと思いますが、まずは、利用用途や、これくらいのポイントやギフト券が欲しいという項目を書き出してみてください。

そして、それらの項目を重視して見ていくと、満足のいくカードが見つかるはずです。すべてを満たしていなくても、「ここでよく買い物をするから」など、譲れない項目を優先的に満たしてくれるカードを比較検討していきましょう。

もう一度クレジットカード選びで重視するポイントをおさらいすると、「入会金・年会費が安い」「ポイントが充実している」「盗難・紛失時の対応がしっかりしている事」「信頼性」「よく利用する店での割引サービスがある」というポイントを意識しながら、カードを比較してみてください。

>> 人気の年会費無料カード・ランキング! [トップへ]


年会費無料カード・人気ランキング



楽天カード

P-oneカード

オリコカード UPty iD

NTTカード




サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 年会費無料 クレジットカード 比較 All Rights Reserved.