トップに戻る > クレジットカードの作成手順 »

現金かクレジットカードではどちらがお得?


「ポイント」とは、支払った金額に対して付与される還元サービスの事です。クレジットカードの使い方次第によっては、ショッピング、飲食代、ガソリン代、携帯代を割引で購入することができます。

レンタル店のツタヤなどで、映画をレンタルする際に「ポイントを使うと、無料になりますが使われますか?」と言われて、無料で映画が見れて得した気分になった経験はありませんか?この様に割引や、後でもらえるギフトカードがうれしいですね。

特に注目したいのは「ポイント還元率」ですね。これは1ポイント1円換算か、1ポイント0.5円換算かなどで各社違ってきます。

例えば1ポイントで0.5円還元の場合、10,000ポイントで5,000円のギフトカードがもらえます。1%だと、高い還元率といえます。一般的なカードの還元率は、だいたい0.5%になります。

お得なカードと言われている、楽天カードの場合は1%の還元率。VIASOは楽Pay登録で1%。最近人気のP-one cardは請求時に1%割引で、さらにポイント0.3%ほどがついて、還元率はおよそ1.3%になります。

また、コンビニやスーパー、光熱費や携帯などもクレジットカードで支払えるようになって、ポイントがつくので、利用しないと損ですね。多くの場所で使えるようになってきているため、まずます便利になっています。

イオンなどの大型スーパーでは、光熱費などを含めて、年間100万円以上を支払ってくれる方には、特別のサロンでお茶やジュースが飲めるサービスがあります。

欲しいものを逃さず買える。買い物をスマートに行えて便利という認識が強い。またICカード普及を反映し「不安なし」がやや増えています。クレジットカードの保有が安心感につながっているという声も、JCBのアンケート調査の結果で出ています。


年会費無料カード・人気ランキング



楽天カード

P-oneカード

オリコカード UPty iD

NTTカード




サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 年会費無料 クレジットカード 比較 All Rights Reserved.