>> HOMEへ


ネットでの買い物や公共料金の支払いなど、生活に欠かせないものとなりつつある人もいるクレジットカード。どのように利用している人が多いのだろうか。


クレジットカードの月平均利用金額が大幅に増加―JCB調査 より

JCBの調査によると、クレジットカードの保有率は82.8%なんだとか。月平均の利用頻度は4.6回で、前年と比べても伸びているようです。

次に、月当たりのカードの利用金額では、1万円から2万円未満というのが一番多かったそうです。

利用する場面では、「スーパーマーケット」「携帯電話料金」が上位で、変わらず「ガソリンスタンド」「家電量販店」といったポイントカードとしての利用が多いようです。

また、楽天カードなど「インターネット通販」での使用がこれに続きます。

経済動向を見てみると、輸出関連が少し回復していて、求人も少しずつ増えているそうなので、個人消費が減少しているイメージがありましたが、最近は少しずつ上がっているのかも。


 


社団法人日本クレジット産業協会(会長 前川 哲郎 (株)セントラルファイナンス 相談役)は、クレジット業界の統計資料の整備という観点から、クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査を実施しており、このたび、平成20年7月分の集計値をとりまとめた。


日本クレジット産業協会、7月のクレジットカード動態調査集計結果を発表 より

日本クレジット産業協会が7月のクレジットカード動態調査集計結果を発表しています。

平成20年7月分のショッピング信用供与額は、2,491,916百万円で、前月比では10.2%増加しています。

キャッシング融資額は、355,578百万円で、前月比では5.0%の減少になっています。

クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査なんですが、信用供与額合計では8.0%増加していますね。


 


社団法人日本クレジット産業協会は、クレジット業界の統計資料の整備という観点から、クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査を実施しており、このたび、平成20年3月分の集計値をとりまとめた。


日本クレジット産業協会、2008年3月のクレジットカード動態調査集計結果を発表 より

社団法人日本クレジット産業協会のクレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査によりますと、ショッピング信用供与額は、2,288,068百万円で、前月比では9.8%の増加になりました。

前年同月比でも15%の増加率ですね!

最近はクレジットカードでの支払先が増えるているので、こうした伸びにつながっているのかもしれませんね!年金なども支払えますしね。

また、ポイントの制度も変わってきているので、今後の利用動向にも注目ですね!


 


2007年3月期に24期連続で増収増益(単体実績)を達成したクレジットカード大手のクレディセゾンが、2005年夏から推進してきたクレジットカードの新規会員に対する「入会サンクスコール」が効果を上げている。


クレジット新規会員のカード利用率上昇、戦略的なコールセンターが威力 より

攻めの電話は戦略的なコールセンターあってこそで、オペレーターの健闘あってか、クレジットカードの新規会員が増えているそうです。


 


社団法人日本クレジット産業協会は、クレジット業界の統計資料の整備という観点から、クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査を継続的に実施しており、このたび、平成19年2月分の集計値をとりまとめた。


日本クレジット産業協会、2月のクレジットカード動態調査集計結果を発表 より

ショッピング、キャッシングなどの信用供与額合計について調査されています。2月分のショッピング信用供与額は、1兆7753億8百万円で、前月比で12.8%減少したそうです。


 


大手銀行やクレジットカード会社が、新社会人の顧客開拓に力を入れているそうです。取引手数料やポイント還元を優遇したクレジットカードなどを売り込んでいて、給与振込口座の獲得などを目指しているんだそうです。

三井住友銀行は新入社員研修などを訪れたりして、三井住友銀に口座を開設するように働きかけているそうです。今はそういう時期なんですね。


大手銀やクレジットカード各社、新社会人巡り争奪戦


 


日本クレジット産業協会は、クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査を発表しました。

1月分のショッピング額は、2,035,722百万円で、前月比では5.6%の減少となっており、前年同月比は12.1%の増加となりました。

キャッシング融資額は、394,905百万円で、前月比では2.5%の増加となっていて、前年同月比は5.6%の減少となっています。

信用供与額合計は、2,430,627百万円で、前月比では4.4%の減少で、前年同月比では8.8%の増加となりました。

日本クレジット産業協会、1月のクレジットカード動態調査集計結果を発表


 


ジェーシービー(JCB)が「クレジットカードに関する総合調査」を発表しました。

2006年の1世帯あたりのクレジットカードの平均利用額は月4.6万円でした。前年(4.3万円)より増え、生活費に占めるカード利用の割合も上昇しました。

カードの平均保有枚数は3.3枚。05年の3.0枚から増えましたが、財布に入れるのは2.0枚で横ばい。

複数のカードのうち「最も使うカード」の平均利用額は月3万4762円で、前年より2200円増でした。


クレジットカード世帯平均利用額、4.6万円に上昇・JCB


 


社団法人日本クレジット産業協会は、クレジット業界の統計資料の整備という観点から、クレジットカード発行会社27社を対象としたクレジットカード動態調査を継続的に実施しており、このたび、平成18年8月分の集計値をとりまとめた。


 これによると、8月分のショッピング信用供与額は、1,802,945百万円で、前月比では6.7%の減少となっており、前年同月比は13.7%の増加となった。キャッシング融資額は、434,087百万円で、前月比では4.7%の増加となっており、前年同月比は2.8%の減少となっている。信用供与額合計は、2,237,032百万円で、前月比では4.7%の減少となっており、前年同月比では10.1%の増加となった。


日本クレジット産業協会、8月のクレジットカード動態調査集計結果を発表 (クレジットカードニュース)


 


ビザ・インターナショナルは、日本の消費者を対象にクレジットカード利用についてアンケート調査した結果を発表しました。それによると消費者1人あたりの所有カード数は平均3.4枚。また各社が発行するゴールドカードの所有率は5〜13%で、拡大傾向のようです。


 1年以内に新しいクレジットカードを申し込むかどうかを尋ねたところ、「申し込む可能性がある」という回答が32%あった。申し込む可能性があるという回答は若年、年配を問わず男性の比率が高く、特に関東在住の高収入層で顕著でした。


 主に使っているカードの月間平均利用回数は、4回に増加。以前は、カードを使おうと考える最初の金額は「1万円から」という回答が最も多かったが、2006年は「5000円から」が最も多く、「カード利用を選択するボーダーラインとなる最低金額が低下している」(ビザ)という。


クレジットカード保有数が増加、1人あたり3.4枚に (nikkeiニュース)


 


米クレジットカード大手マスターカードが1日発表した第3・四半期決算は、クレジットカード利用度が増えたことに支援され増収増益となった。  利益は1億9300万ドル(1株当たり1.42ドル)。前年同期は1億0610万ドル(同0.79ドル)だった。ロイター・エスティメーツによるアナリストの特別項目計上前の1株当たり利益予想は平均で1.08ドルだった。収入は13.9%増の9億0197万ドルとなった。アナリストの収入予想は平均で8億7110万ドルだった。 米マスターカードの第3四半期は増収増益、予想上回る


 




サイトマップ相互リンク運営元


Copyright (C) 2006 年会費無料 クレジットカード 比較 All Rights Reserved.